一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、全額損金タイプ(積立)の法人保険が、平成31年度以降に各種改定が予定されていますので、

この保険の活用内容と改定予定の内容ついてお話しをしたいと思います。

 

全額損金の法人保険について

全額損金タイプの法人保険は、保障内容が死亡保障や三大疾病保障、

災害死亡保障に特化し解約返戻率が高いものなど、様々な種類の保険があります。

そして、以下のメリットがあります。

 ①保険料全額が損金に算入されるため、税金の負担が軽くなる。

 ②節税効果を考慮した実質返戻率が高い。

 ③赤字の可能性がある期に、解約もしくは減額(一部解約)することで黒字化が可能。

 ④告知書のみで加入可能な商品が多い(災害保障型定期保険)

 ⑤保険料が全額損金算入のため、会社の純資産の価値は減少し、

  自社株の評価が下がる。

 

平成31年以降の全額損金タイプの法人保険の改定予定内容

様々な事情により、平成31年2~4月にかけて、各社の全額損金タイプの法人保険について、

以下のような改定が入る予定です。

 ・販売の停止(数社情報あり)

 ・保険料の改定

 ・解約返戻率の改定(基本的に下がる予定)

したがって、全額損金タイプの法人保険をご検討中、もしくはこれからご検討される方は、

早いうちにご契約された方がいいと思います。

もし分からないことがありましたら、何でもご相談いただけたら幸いです。

 

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝