一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、「贈与税の実質税率」についてお話しをしたいと思います。

 

贈与税の計算方法

贈与税の計算方法は以下の通りです。

①1月1日~12月31日までの1年間に、

 贈与で受け取った財産の価額(金額)を合計します。

②その合計額から、基礎控除額110万円を差し引きます。

③その残りの金額に、税率を乗じ、控除額を引き、税額を計算します。

 

贈与税は2種類

平成28年以降の贈与税の税率は、

「一般贈与財産」と「特例贈与財産」に区分されました。

「特例贈与財産(特例税率)」は、直系尊属(祖父母や父母など)から、

その年の1月1日において20歳以上の子や孫などへの贈与税の計算に使用します。

「一般贈与財産(一般税率)」は、

「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。

贈与税の実質税率

贈与税の税額の計算式は以下の通りです。

 贈与税額=基礎控除後の課税金額×贈与税率 ー 控除額

      (1年間に贈与で受け取った金額ー基礎控除額110万円)×贈与税率 ー 控除額

贈与税の実質税率は、贈与税額贈与で受け取った金額で割ります。

 贈与税の実質税率=贈与税額÷1年間に贈与で受け取った金額

次回は、「贈与税率」と「贈与税の実質税率」の比較と、

「贈与税の実質税率」と「相続税率」の比較についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝