税理士の森山と申します。
暑さも少しずつ厳しさを増してまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

以前に相続手続きについてお話をさせていただきましたが、実際に相続が開始すると様々な手続きを行う必要があります。
最低でも、財産目録の作成、遺産分割協議書の作成(遺言がない場合)、相続登記(不動産がある場合)、預金等の名義変更手続き等を行う必要があります。
最近では、新聞・雑誌等でいわゆる終活に関する内容が多く記載されるようになったためか、上記手続きについてご存知の方も多くいらっしゃるように思いますが、ここでは皆様が忘れがちな細かい相続手続き(解約等の手続き)についてお伝えさせていただきます。

・電気・ガス・水道の解約又は名義変更
それぞれの営業所に利用の廃止又は名義変更を電話等で申し入れます。
なお、各営業所の連絡先は料金明細に記載されています。

・電話加入権の名義変更
電話加入権の承継等は加入等承継・改称届出書を所轄のNTTの窓口に提出します。
この際に除籍謄本又は死亡診断書等が必要になります。

・NHKの名義変更
全国共通のフリーダイヤル(0120-151515)に電話で申し出ます。

・クレジットカードの解約
カード会社に連絡して、解約手続きを行います。未払いの精算が必要となります。

・運転免許証の返却
最寄りの警察署に返却します。

・パスポートの返却
最寄りのパスポートセンターに返却します。

・国民健康保険証
市区町村役場に返却します。

・シルバーパスの返却
市区町村役場に返却します。

上記手続きは失念してしまいそうですが必要となりますので、忘れず早期に行いましょう。