税理士の森山と申します。
 大型連休も終わり、新緑のさわやかな季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 先日、情報番組で土地の所有者不明問題や未登記不動産の問題が取り上げられておりました。
 身近な問題ではありますが、この問題を少しでも解消していくためか登録免許税免税措置が期間限定で設けられております。
 この免税措置について簡単にお伝えさせていただきます。

【相続登記の登録免許税の免税措置】

 平成30年度の税制改正により、相続による土地の所有権の移転の登記につい平成て、次の登録免許税の免税措置が設けられました。

・概要

 個人が相続(相続人に対する遺贈を含む)により土地の所有権を取得した場合において、当該個人が相続による土地の所有権の移転の登記を受ける前に死亡した時は、当該個人を土地所有権の登記名義人とするために受ける登記については、登録免許税を課さない。

・税率

 土地の価額に対して0.4%の税金が免税となります。

・適用期間

 平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間となります。

 未登記の不動産を放置することは、事後的に大きな問題になりかねません。もしそのような不動産をお持ちであれば、速やかに登記申請をしましょう。