司法書士の大崎です。

最近相談が多い相続不動産の「田・畑」についてふれたいとおもいます。

 

不動産登記簿上「田・畑」の売却・贈与

不動産の登記簿の地目が「田・畑」となっている場合、市街化区域か市街化調整区域かで売買・贈与の難易度が大きくかわります。なお、地目については、固定資産税の課税明細でも確認することができます。

不動産を相続して売却する場合、まずはどちらに該当するのかを農業委員会に確認してください。

市街化区域

市街化区域は、簡略してお伝えすると「既に市街化されている区域であり、今後も市街化していく予定の区域」です。つまり、田畑などを保持して置く必要がない区域です。

市街化区域の場合、農業委員会での手続きが簡単なため不動産を売却することに支障はでません。

市街化調整区域 ※注意

市街化調整区域は、「市街化を抑制すべき区域であり、開発行為に厳しい規制が設けられている区域」です。田畑などの農地は勝手に売却は宅地にすることができない区域です。

市街化調整区域の場合、厳しい規制があるため売却等をするには許可の要件を満たす必要があります。これが非常にハードルが高くなります。

相続時に事前相談を。

相続財産の処分を考える場合、まずは遺産分割協議前に専門家に事前相談をしていただき将来的な見通しをたてておくことが重要です。

くどいようですが、「田・畑」の表記かどうかの確認は、「不動産登記簿謄本」又は「固定資産税課税明細」などで確認できます。一度、確認して頂くことをお勧めします。

相続ワンストップ相談所までお問い合わせください。

少しでも当法人のホームページを見て、気になった点・ご不安な点があればお気軽にお問い合わせください。

無料相談にお越しいただければ、最高のサービスをご提供させて頂きます。

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 司法書士 大 崎  智 元

<連絡先>

一般社団法人相続ワンストップ相談所

TEL 0120-920-605

[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝