一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、生命保険金は「みなし相続財産」かつ「受取人固有の財産」となるため、

そのメリットについてお話しをしたいと思います。

 

みなし相続財産とは

みなし相続財産とは、亡くなった日には、被相続人は財産として持っていなかったが、

被相続人の死亡を原因として、相続人がもらえる財産のことです。

ちょっと分かりにくいかもしれないので、主なみなし相続財産は以下の通りです。

 ・死亡保険金

 ・死亡退職金

 

税法上、相続財産とみなされるので、もちろん課税対象の相続財産となります。

相続税の計算では、みなし相続財産も相続財産に含まれるので、注意が必要です。

また、みなし相続財産は、一定額まで非課税となる優遇があります。

計算方法は以下の通りです。

 ・生命保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

 ・死亡退職金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

 

相続放棄をした場合も注意が必要です。

相続放棄をすると、被相続人への財産・借金は相続されません。

しかし、みなし相続財産は、本来の相続財産ではないため、

相続放棄をしても当然として生命保険金は受け取れますし、

その生命保険金は相続税の課税対象となります。

 

生命保険金は受取人の固有の財産!

生命保険金は相続財産ではなく、保険契約により受取人が受け取ることができるものであるため、

受取人固有の財産として考えることができます。

したがって、生命保険金が遺産分割の対象とならず、

原則として遺産分割協議書への記載は不要となり、

保険契約で決められた受取人に生命保険金が支払われます。

 

しかし、一部の被相続人に対し支払われた生命保険金が、

全相続財産に対しあまりにも大きい場合には、、

生命保険金も遺産分割において考慮されることがありますので、

生命保険金と相続財産全体とのバランスの注意が必要です。

そのバランスについては、様々な裁判例もあるため、

独断で決めたり、あまり詳しくない担当者ではなく、

専門家へのご相談をお勧めします。

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝