一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、相続税対策とお子様達の将来の新居のために土地購入する際の、

土地選びの注意点についてお話しをしたいと思います。

 

土地購入による節税対策の概要

相続税対策として、よく用いられるのが不動産の購入です。

仕組みは以下の通りです。

 ①現金で1億円を所有(相続時の評価額1億円)

 ②その現金で、時価1億円の土地を購入

 ③相続時は路線価で評価 → 評価額8,000万円:路線価40万円/m2 × 敷地200m2

このように、不動産を購入することで、相続時に2,000万円の評価減となり、

相続税対策として有効になります。

土地選びの注意点!

上記のように、土地を購入することにより、

相続税の節税対策(評価減)として有効となるため、

お子様の将来の新居用地の目的も兼ねて、

土地を購入される方がいらっしゃいます。

しかし、新居用地の目的として土地の購入する場合、

立地等がいいからといって、安易に購入してはいけません!

必ず、以下の項目に注意してください。

・家が建てれる土地かどうか(用途地域、土地と道路の関係、接する道路の種類等)

・土地の形状で、駐車場が複数台設定可能かどうか(できればミニバンのサイズで検討)

・土地の安全性(軟弱地盤かどうか)

・境界杭があるかどうか(将来のトラブルの原因となります)

・その他費用が必要かどうか(農地転用、高低差による擁壁工事、インフラの未整備、地盤改良等)

これらを考慮せず購入し、失敗されている方がいらっしゃいます。

 

また、毎年の経費として、以下がかかってくるデメリットもあります。

・固定資産税

・管理費(雑草等の処理費用)

 

そのため、駐車場経営(アスファルト舗装が必要)が可能な土地だと、

・駐車料金収入

・小規模宅地等の特例により、200m2まで相続時の評価額が50%減

となり、相続時の評価減と、毎年の経費の捻出もしくは収益となり、

より有効となります。

 

是非、上記の点も考慮し、慎重に土地を購入することをお勧めします!

 

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝