司法書士の大崎です。

今回は、”相続放棄”についてふれたいとおもいます。

毎年、数件は相続放棄の相談を受けることがありますので基本的なところをお伝えします。

はじめに

亡くなった方に多額の負債がある場合、その負債を相続人となった方が払い続けることになるのか?

民法は、亡くなった方の権利や義務を相続人が承継するようになっています。プラスの財産だけでなく、税金の滞納や金融機関からの借入れその他負債があれば全て返済する義務を負うことになります。

これは大変辛いことです。

相続放棄

ただ、民法にはそのような過酷な状況にならないための手段が用意されています。

それが”相続放棄”です。

亡くなった方の財産(資産・負債など全て)を放棄することができます。さらっと書きましたが、これは負債だけを放棄することはできません。遺産にある預貯金などプラスの遺産も放棄することになります。つまり、相続することを全て拒絶することが可能です。

相続放棄のポイント

注意するポイントは、相続放棄の手続きは「相続開始を知ってから3ヶ月以内」と民法に規定されています。まずはなるべく早く相続放棄をするべきか否かを専門家に相談してください。

もし3ヶ月を過ぎていたとしても、専門家に相談することにより解決が図れることもありますので、まずは相談してみることが非常に大切です。お近くの専門家無料相談をご利用ください。

手続き

①戸籍等の収集

②家庭裁判所の相続放棄申立書に記入・押印

③家庭裁判所に申し立て

※①~③を相続開始を知ったときから3ヶ月以内に実施する必要があります。

相続ワンストップ相談所までお問い合わせください。

少しでも当法人のホームページを見て、気になった点・ご不安な点があればお気軽にお問い合わせください。

無料相談にお越しいただければ、最高のサービスをご提供させて頂きます。

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 司法書士 大 崎  智 元

<連絡先>

一般社団法人相続ワンストップ相談所

TEL 0120-920-605

[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝