一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、相続税対策として法人化するメリットについてお話しをしたいと思います。

 

個人の生命保険の非課税枠

生命保険の相続税の非課税枠の計算方法は、

「死亡保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の数」となります。

例えば、法定相続人が3人(妻、子供2人)の場合、

ご主人様の生命保険の死亡保険金の非課税枠は1,500万円(500万円×3人)となります。

 

法人の生命保険の非課税枠(死亡退職金)

例えば、法人で経営者を被保険者とする生命保険に加入した場合、

経営者が死亡した時は、法人が死亡保険金を受け取るとその死亡保険金には法人税がかかります。

しかし、その死亡保険金を死亡退職金としてご遺族にお支払いする場合、

法人税の課税対象外となります。(適正な死亡退職金の範囲内の場合)

そして、ご遺族受け取る死亡退職金には非課税枠があり、その計算方法は、

「死亡退職金の非課税枠=500万円×法定相続人の数」となります。

 

上記と同様、法定相続人が3人(妻、子供2人)の場合、

死亡退職金(生命保険の死亡保険金)の非課税枠は1,500万円(500万円×3人)となります。

 

法人化で生命保険金の非課税枠が2倍!

法人の経営者はもちろん、個人事業主の方は法人化することで、

ご遺族が受け取る死亡保険金の非課税枠は2倍となります。

法人化には多くのメリットがありますが、

事前にしっかり社内規定(退職金規定等)を作っておく必要がありますので、

その点についても税理士の先生にちゃんとご依頼してください。

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝