一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、資産運用と相続対策について、投資信託と生命保険(変額保険)との比較を

お話ししたいと思います。

 

投資信託のメリット、デメリット

資産運用について、投資信託のメリットとして、

いつでも自由に売却することができるため、

生命保険と違って、満期まで続けなければならないといったことはありません。

また、コストは投資信託の管理・運用のみとなります。

デメリットとしては、税制の優遇がない点と、

運用中の利益やファンドの入れ替え時に税金がかかることによって

運用パフォーマンスが悪くなることがあります。

 

生命保険(変額保険)のメリット、デメリット

資産運用について、生命保険(変額保険)のメリットとして、

最低保障付きのタイプが多い点です。

最低保障の種類として、死亡保険金について最低保障があるタイプと、

死亡保険金と満期金の両方について最低保障があるタイプがあります。

また、税制面の優遇として、保険料の支払いに対する生命保険料控除、

解約返戻金・満期金の受け取りのにおける一時所得の特別控除があります。

デメリットとしては、保障機能にコストがかかっているため、

投資信託に比べ保険契約者の負担する手数料が高くなる傾向があります。

また、契約後の一定期間は、途中解約すると既払保険料より解約返戻金が下回る場合があります。

 

相続対策について、生命保険を活用するメリットとして、

死亡保障が付く点と、死亡保険金の受け取りにおける非課税枠、

死亡保険金の受取人を指定できる点があります。

 

運用には様々な方法があり、リスクも伴います。

それぞれの方法のメリットデメリットを理解し、

ご自身にあった運用をアドバイスしてもらえる担当者選びが重要です。

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝