司法書士の大崎です。

今までも家族信託について何度かブログ記事は掲載してますが、しつこいぐらいが丁度いい。。。ということで、またお伝えしたいとおもいます。

成年後見とは?

成年後見はみなさんご存知の方も多いとおもいますが、次のような制度です。

①成年後見人が家庭裁判所により選任される。

②その成年後見人が認知症の方々(成年被後見人)の全ての財産を管理する。

③成年後見人は財産の『保全』を目的として行動する。

ざっくりこのようなイメージでいいかとおもいます。

成年後見制度によるメリット・デメリット

【メリット】

◇安心感

⇒家庭裁判所や後見監督人(専門家)の監督を受ける。

◇財産の保全

⇒原則、成年後見人が成年被後見人が自ら締結した契約を取り消すことができる。

◇代理

⇒成年後見人が成年被後見人を代理して契約が締結できます。

【デメリット】

◇費用の負担

⇒成年後見人に専門家が就任した場合、報酬の支払いが発生する。

◇財産処分の難しさ

⇒『保全』を目的とする成年後見制度において、どこまでが保全であるかの解釈が明確でない。成年後見人に専門家が就任した場合、親族の方が売却や契約を希望したとしてもそれが『保全』に該当するかの判断を成年後見人が行うため、事実上財産の処分が困難になる。

家族信託とは?

家族信託は次のような制度です。

①裁判所を通さず、当事者間の契約で成立する。

②財産を託された方(受託者)は、契約に則り管理・処分を行う。

③財産を管理・処分したことによる利益を受ける方(受益者)を契約で定めておく。

④信託の終了事由を設定し、終了時に財産を取得する方を決めておくことができる。

中々イメージしにくいかもしれませんが、概要はこんな感じです。

家族信託のメリット・デメリット

【メリット】

◇財産処分の柔軟性

⇒現在財産を保有している方が、自分の意思を反映した財産処分の目的や方法などを設定できる。

◇信頼する人に財産管理を委ねることが可能

⇒家族信託は『契約』のため、財産を保有している方とそれを任される方との契約で成立します。

◇特定の財産を限定して信託することが可能

⇒家族信託の場合、ある特定の財産(例:○○市の不動産)だけを限定して信託することが可能です。

【デメリット】

◇財産保全機能への不安

⇒裁判所や専門家などを通さずに管理することが可能なため、財産の流失のおそれ。

◇環境整備の途上

⇒信託法では受託者が委託者に代わり様々なことを行うことが理論上は可能です。しかし、実際は金融機関や保険等の手続・契約において、受託者のみで全て完結することが難しいのが現状です。

◇信託契約時の専門家への費用

⇒信託契約は特殊なため、一般の売買や賃貸とは異なりインターネットの雛形を利用して契約することはおすすめできません。そのため専門家へ依頼するための費用が発生します。

選択方法

成年後見制度も家族信託制度のどちらを利用すればいいのか、迷うところだとおもいます。

私の実務上の経験からすると、、、

空家や売約目的の不動産については、いつでも管理処分できるように家族信託制度を利用し、

また、認知症の方の財産全体を強く保全したい場合は成年後見制度を利用することをおすすめします。

その他の場合は、状況に応じて見極めます。

一度専門家に相談してください。

相続ワンストップ相談所までお問い合わせください。

少しでも当法人のホームページを見て、気になった点・ご不安な点があればお気軽にお問い合わせください。

無料相談にお越しいただければ、最高のサービスをご提供させて頂きます。

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 司法書士 大 崎  智 元

<連絡先>

一般社団法人相続ワンストップ相談所

TEL 0120-920-605

[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝