一般社団法人 相続ワンストップ相談所のファイナンシャルプランナーの柴田高です。

いつも、当法人のホームページ及びブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、代償分割における生命保険の活用方法についてお話ししたいと思います。

 

代償分割とは

相続人全員が遺産分割をした結果、法定相続分を超える遺産を取得した相続人が、

法定相続分未満の遺産を取得した他の相続人に対して、

債務を負担する(代償金(法定相続分の不足分)を支払う)遺産分割の方法を、代償分割といいます。

代償分割が行なわれるのは、遺産が分けにくい不動産(土地建物やマンション)の比率が高い場合が多いです。

遺産が現金などの分けやすいものの比率が高ければ、法定相続分の割合で分けることは可能です。

しかし、不動産は、法定相続分の割合で共有にすると、将来、売却するかどうかで揉めたりする場合もあるため、

法定相続分の割合で共有にするのは、あまりお勧めできません。

このような場合に、ある相続人に不動産を相続させる代わりに、

他の相続人に対して代償金を支払う代償相続という方法がよく行われます。

 

代償相続でよく揉めるケース

代償相続でよく揉めるケースとして、上記の通り、相続財産の不動産の割合が高い場合です。

例えば、

・家族構成:母親(父親没)、長男、長女

・母親の相続財産:土地建物2,000万円、現金1,000万円

の場合で、長男が母親の土地建物を相続し、長女が現金を相続するとします。

法定相続分は、長男が1,500万円(1/2、+500万円)、長女が1,500万円(1/2、-500万円)となるため、

代償相続として、長男から長女に現金で500万円を支払う必要があります。

しかし、長男には預貯金はほとんどなく、長女に500万円を支払うことができません。

このような場合、一体どのような対策ができるでしょう…

 

遺言書を活用(長女は遺留分)

一つの方法として、遺言書を活用することが考えられます。

遺言書で、長男は土地建物、長女は現金を相続すると指定します。

長女は遺留分750万円(1/2×1/2=1/4)を超える現金1,000万円を相続するため、

長女から遺留分減殺請求権を行使されることもなく、無事に相続できます。

法律上は、遺言書で解決できますが、兄弟間では不平等感が出る可能性があり、

将来的に遺恨を残す可能性はあります。

 

生命保険金を活用

もう一つの方法として、お母様が以下のような生命保険にご加入することで解決できます。

・契約者、被保険者:お母様

・死亡保険金受取人:長男

・保険金額:1,000万円

死亡保険金は受取人固有の財産のため、遺産分割協議に関わらず、長男が受け取ることができます。

長男が死亡保険金1,000万円を受け取った後、長男から長女に1,000万円(代償金)を支払うことで、

長男が土地建物2,000万円、長女が現金2,000万円となり、不平等感は無くなると思います。

ただし、長男が土地建物を相続するかどうかは、遺産分割協議によるため、

できれば遺言書もセットで対策をされることをお勧めします。

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所

理事 ファイナンシャルプランナー 柴 田 高

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝