弁護士の松川です。

今日は、遺言のお話をしたいと思います。

 

財産をどうするのか、どう分けるのか、あるいは分けないのか

ある方が亡くなったとき、その方が持っていた財産をどうするのか、どう分けるのか、あるいは分けないのかということが問題となります。
財産がたくさんある方もいればそれほどは持ってないという人もいますが、全く持っていない方を除き、どの方でも問題となるのが遺産分割の問題です。

この遺産分割ですが、亡くなった方が遺言を遺しておいてくれれば、非常にスムーズに遺産を分けることができることが多いです。
相続人のうちの誰かが遺言の内容に反対していたとしても、遺言があるともはやその内容を争うことができなくなるのが原則なのです。

したがって、相続人に争って欲しくないと思っている方、通常、相続人は子どもたちでしょうから、子どもたちに遺産のことで争って欲しくないと思っている親は、子どもたちが争いたくても争えないように、遺言を作っておくのが最良の方法です。

 

私は弁護士として、たくさんの相続にまつわる紛争をみてきました。
もちろん遺言があっても争う可能性をゼロにすることはできないのですが、例外的な場合を除いては、遺言があれば争うことはできなくなります。
私がみてきた紛争も、遺言があればこのような紛争は発生しなかったのにと思うような事例がたくさんあります。

 

紛争をみる度に思うのは、相続(遺産分割)が原因で相続人同士、つまり兄弟同士が争ってしまうというのは本当にもったいないな、悲しいことだなということです。

相続に関する紛争というのは兄弟間の紛争がほとんどです。
兄弟ですから、これまで兄弟仲が良かったところもあれば悪かったところもあります。

しかし、仲の良かった兄弟も、相続が原因で争ってしまい、紛争を長々と続けているうちに、本当に仲が悪くなってしまい、もう関係は修復不可能なほどになってしまうことがあります。いや、むしろ相続をきっかけに紛争になってしまうと、これまでの積もり積もったことが一気に噴出して大げんかになってしまい、ほとんどの場合がその関係を修復することは不可能になってしまうという方が正確な言い方かもしれません。

 

上で述べたように、私は何度も兄弟間の紛争をみてきました。
ほとんどの場合、私の依頼者は兄弟と争っていることに心を痛め、早く何とかしてこの状態から解放されたいと願っている方たちです。決して、好戦的で紛争を楽しむような人々ではありません。そのようないわゆる普通の方たちでも、紛争に巻き込まれてしまうことが実際にたくさんあるのです。

 

 

遺言の作成

ではどうしたらこのような事態を回避できるのでしょうか。
どうしたら兄弟が仲良く生活し続けることができるのでしょうか。

 

法律的な一つの方法は、遺言を作成することです。
遺言があれば、子どもたちは基本的に争いたくても争うことができません。
子どもたちが争わないように、遺言を作成して子どもたちに残しておいてあげることは、親の愛情であり、親の責任なのだと思います。

遺言を作成するのは簡単です。

我々法律家がお勧めするのは、公証役場へ行って公正証書を作成することです。

遺言の内容は我々専門家にご相談頂くことが安心ですが、例えば、公証役場へ支払う金額は、事案(遺産の多寡)にもよるのですが、たいていは数万円で済みます。

もちろん、数万円という金額は安くはないかもしれませんが、その数万円で子どもたちが喧嘩するのを防ぐことができるのであれば、それは安いと言って良い金額だと思います。

 

そうは言っても、遺言はやはり作りたくない。作る必要を感じないという話もよく聞きます。

例えば、「我が家は大した財産もないので、それをめぐって子どもたちが争うことはない。だから遺言も残す必要はない」というような話もよく聞きます。
また、「うちの子に限って遺産をめぐって兄弟喧嘩をするなんてことは考えられない」というような話もよく聞きます。

でも、争うためには何千万円ものお金は必要がありません。
遺産が100万円を超えれば、十分に争うことができます。実際に、そのような事例を何度も経験してます。
また、「うちの子に限って~」という話ですが、先ほど述べたように、争う人たちは争うことが好きな人たちばかりではありません。やむを得ず、争ってしまう、争いに巻き込まれてしまうということもよくあるのです。このことはその人たちの性格が良いとか悪いとかいうこととは関係がありません。例えば子ども同士は仲が良いけれども、その奥さんや旦那さん同士が仲が悪いので、揉めるということもよくあるのです。

 

以上、簡単ですが、遺言の大切さをお話させて頂きました。

 

 

一般社団法人相続ワンストップ相談所
理事 弁護士 松 川  知 弘

<連絡先>
一般社団法人相続ワンストップ相談所
TEL 0120-920-605
[受付時間]平日 9時~18時 [定休日]土日祝